産後骨盤矯正

赤ちゃんを抱く母親

産後の骨盤について

このようなお悩みはございませんか?

  • プロポーションを戻したい
  • 産後太りが気になる
  • 骨盤の歪みが気になる
  • 出産後、体がだるい
  • 下半身がむくんでいる

妊娠すると、腰痛・股関節痛・恥骨の痛みなど様々な不調が出てくるかと思いますが、それらの原因の一つとして、妊娠中に分泌されるリラキシンの影響があります。

リラキシンが多く分泌されると、子宮周りの靭帯が緩まり、骨盤が開いて不安定になるだけでなく、左右の恥骨をつないでいる”恥骨結合”という軟骨も緩み、恥骨痛が出る方も多くいらっしゃいます。

産後の不調を放っておくとどうなる?

動きづらくなる

出産後は、骨盤の「緩み」と「ゆがみ」があります。力が入らないため、自由に動けなくなります。

体形がどんどん崩れる

妊娠中に運動ができないため、筋肉が落ち、基礎代謝が落ちています。

さらに、骨盤のゆがみによる内臓機能の低下で、血液循環が悪化し身体に必要なエネルギーが十分に行き渡らなくなります。

これにより、痩せにくい、太りやすい体質になります。

やる気が出ない、イライラしてしまう

出産後は、ホルモンバランスが崩れ、イライラしてしまいます。

さらに、育児のストレスにより、「産後うつ」や「育児ノイローゼ」を招く可能性があります。

また、妊娠中や産後の寝たきり状態のため、筋肉が落ちてしまいます。

これにより、体力が低下し、やる気がなくなってしまいます。

産後骨盤矯正で妊娠前より良い状態に!

産後骨盤矯正を受ける女性

出産後は赤ちゃんの育児で以前とは違って、沐浴や授乳など前かがみな体勢や、ちょっと無理な姿勢を取ることが多くなりませんか?

妊娠・出産時の影響で、身体のバランスが整っていないところに、それらの日常的な身体への負荷が加わるので、肉体的・精神的にも辛くなりやすかったり、体型もケアが行き届かずに骨盤の状態も正しい位置に戻りずらくなります。

いろは鍼灸整骨院の産後骨盤矯正

「痛くない・優しい骨盤矯正」

8回プログラムで骨盤を矯正していくので安心して皆さんにお越し頂いています。

産後骨盤矯正を受けると、骨盤・股関節の開きを締めて骨盤のゆがみを整えるので、腰痛や、股関節痛・恥骨痛の改善はもちろん、内臓も正しい位置に戻り、内臓機能、免疫力が高まり、正しく筋肉を使うことが出来るようになるので、代謝も上がり痩せやすくなります。

さらに当院では、EMSで骨盤の中にある腸腰筋というインナーマッスルを鍛えて、使いやすい身体に整えていきます。

産後骨盤矯正を受けるタイミングはいつ?

産後骨盤矯正を受けるタイミングは産後2ヶ月を過ぎた頃になります。

出産直後は骨盤自体や骨盤周りの筋肉や軟部組織が安定していないので、それらが安定し始める産後2ヶ月を過ぎた頃が望ましいです。

産後の骨盤矯正を行うは、産後2ヶ月から6ヶ月の間の4ヶ月間が最も効果的と言われております。

分娩時に最大に開きゆるんだ骨盤は、産後3~4ヶ月くらいの時間をかけて、遅くとも6ヶ月くらいまでには、左右交互に少しずつ縮みながら元の状態に戻ります。

しかし、妊娠前から骨盤に歪みが生じていたり、妊娠中に体のバランスが崩れてしまったりすることも珍しくないので、骨盤は正しい位置に戻りにくくなります。

骨盤が元の状態の戻り、固まるまで骨盤の骨を結合している靭帯は緩み、骨盤はグラグラの状態ですので、この時期に骨盤を正しい位置に戻すことで、出産前よりも健康により美しくなることも可能になります。