足の裏(足底腱膜炎)の痛み

足の裏(足底腱膜炎)の痛みとは?

このようなお悩みはありませんか?

  • 朝起きた時の一歩目が痛い
  • 歩くたびに、踵(かかと)が痛い
  • 足が疲れやすく、夜になると痛い
  • 整形外科で安静にして下さいと言われたが、良くならない

足の裏には足底腱膜(筋膜)という、薄い筋肉で覆われております。その薄い筋肉が炎症を起こしてしまうと、地面に足をつけたときや、歩いているときに足の裏、踵(かかと)に痛みや違和感が現れます。

 

足の裏(足底腱膜炎)が痛む原因

①骨盤の歪みによる足のアーチの崩れ

普段の姿勢が悪く骨盤や背骨が歪んでしまうと、足に均等に体重が掛からなくなり、足底筋膜がダメージを受けやすくなります。

②足の疲労・身体の硬さ

普段よく歩いたり、立っている時間が長いとアキレス腱やふくらはぎの筋肉が硬くなってしまうと、疲労が溜まりやすくなってしまい、足底筋膜がダメージ受けやすくなります。

 

一般的な治療方法

足の裏(足底腱膜炎)の痛みがある場合、一般的には温熱療法・保存療法(安静)・ストレッチ指導が多いです。しかし、痛みの原因から改善出来ていないので、その場しのぎになってしまいます。

 

いろは鍼灸整骨院の治療方法

当院では、足の裏(足底腱膜炎)の痛みが起きてしまって原因をカウンセリングで特定し、原因を見つけて骨盤矯正などのアプローチを行います。痛みをその場しのぎにせずに、再発を防ぐためのストレッチや生活習慣の改善点も指導いたします。

足の裏(足底腱膜炎)の痛みでお悩みの方は、我慢せずに是非いろは鍼灸整骨院へご相談ください!