眼精疲労(疲れ目)に鍼が効く

このようなお悩みはありませんか?

  • 物が二重に見えるときがある
  • 目がかすむ・充血しやすい
  • ときどき頭痛・めまいがする
  • 目の奥が痛む

眼精疲労(疲れ目)の原因

①パソコン作業や車の運転による目の酷使

パソコン作業や車の運転中は目をあまり動かすことなく、常にピント調節の筋肉が緊張している状態になり、長時間続けると疲労が蓄積します。また、まばたきも減少することから、目が乾きやすくなり、目は一層疲れやすい状態になります。

 

②ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ

心身の疲労やストレス、睡眠不足などによって生活のリズムが乱れると、自立神経のバランスが崩れてしまい、交感神経が働き続けてしまいます。その結果、目の周辺の筋肉が過度に緊張してしまい目の血流が悪化して、疲れ目を招いてしまいます。

 

いろは鍼灸整骨院の治療法

いろは鍼灸整骨院では、眼精疲労(疲れ目)に対して鍼に微弱電流を流す治療を行います。目の周辺の筋肉に鍼を行い筋肉の緊張を緩和させ、更に微弱電流を流すことで血流を促進されます。涙腺への血流も改善する為、ドライアイも軽減されます。また鍼には、自律神経を調節する効果もあるので、睡眠の質も向上が期待できます。

眼精疲労(疲れ目)でお悩みの方は、我慢せずに是非いろは鍼灸整骨院へご相談ください!この機会に眼精疲労(疲れ目)を改善し、ストレスのない生活を取り戻しましょう。